財産評価の相談は必要か?

相続の際にまず問題となるのが、「財産評価を専門家に相談するべきか」ですよね。
財産評価は相続の基本となる部分ですので、どの程度の財産が遺されているのかを調べることは相続の際に最初に行うべき仕事の一つです。
しかし、全ての相続が、必ずしも専門家に財産評価を相談しなくてはならないわけではありません。
今回は財産評価を専門家に相談しなくても良いケースとはどのようなケースなのか、解説します。
続きを読む 財産評価の相談は必要か?

広大地の財産評価

田舎町で相続が発生した場合などによくあるのが、遺産の中に「広大地」が含まれているケースです。
よく「このあたりの畑は全部、亡くなった故人のものだった」といった話が相続の際に出てくることがありますよね。
生前の故人が特段に裕福な印象でなかったとしても、先祖代々が昔からそこに住んでいて、引き継いできた広大地を所有していた、というケースは非常に多いのです。
続きを読む 広大地の財産評価

貸宅地の財産評価

遺産総額が高額になる相続の場合、土地の財産評価が必要となることは多いですよね。
しかし同じ土地の財産評価であっても、その土地が自用地なのか貸宅地なのかによって評価額は変わってくるのをご存知でしょうか?
今回の記事では主に貸宅地の財産評価について解説します。
続きを読む 貸宅地の財産評価

貸し駐車場の財産評価

被相続人が生前、所有していた土地を持て余さないために貸し駐車場としてその土地を運営していた、というケースは珍しくありません。
このような貸し駐車場が相続の遺産として絡んできた場合、宅地などとは異なる少し特殊な財産評価方法となりますので、今回はその解説です。
続きを読む 貸し駐車場の財産評価

2種類ある不動産の財産評価

相続の際に不動産が遺産に含まれている場合、その価値を調べる必要がありますよね。
そこで不動産の財産評価が行われるわけですが、不動産の評価は「鑑定評価額」と「相続税評価額」の2種類があります。
この2種類は評価の性質が異なるため、計算方法も違ったものとなっており、基本的には相続の際は相続税評価額が適用されることとなります。
鑑定評価額はあくまでもその不動産の市場価値を計ること、相続税評価額は相続税課税のために公平で一律な計算をすることが、それぞれの目的と言えるでしょう。
続きを読む 2種類ある不動産の財産評価

不動産の財産評価の必要性

相続の際に財産評価が絶対に必要になるケースは決して多いとは言えません。
しかし、相続税が発生する場合、もしくは発生するかもしれない見込みがある場合には、財産評価をしっかりと行わなければならない必要性が高くなります。
では実際に、相続税が発生する場合、もしくは発生する見込みがある場合と言うのは、どのようなケースの相続なのでしょうか?
続きを読む 不動産の財産評価の必要性