2種類ある不動産の財産評価

相続の際に不動産が遺産に含まれている場合、その価値を調べる必要がありますよね。
そこで不動産の財産評価が行われるわけですが、不動産の評価は「鑑定評価額」と「相続税評価額」の2種類があります。
この2種類は評価の性質が異なるため、計算方法も違ったものとなっており、基本的には相続の際は相続税評価額が適用されることとなります。
鑑定評価額はあくまでもその不動産の市場価値を計ること、相続税評価額は相続税課税のために公平で一律な計算をすることが、それぞれの目的と言えるでしょう。
続きを読む 2種類ある不動産の財産評価

不動産の財産評価の必要性

相続の際に財産評価が絶対に必要になるケースは決して多いとは言えません。
しかし、相続税が発生する場合、もしくは発生するかもしれない見込みがある場合には、財産評価をしっかりと行わなければならない必要性が高くなります。
では実際に、相続税が発生する場合、もしくは発生する見込みがある場合と言うのは、どのようなケースの相続なのでしょうか?
続きを読む 不動産の財産評価の必要性